B級マニア,映画レビュー

『おばあちゃんの家』2002年(韓)


※画像については、著作権の都合上 Amazonより引用しています。
(画像参照用に載せていますが、クリックすると外部サイトへ飛ぶので注意)

 

 

『おばあちゃんの家』2002年(韓)
都会育ちの少年が、親の事情で一時的に預けられた田舎で、祖母との交流を綴った感動ドラマ。

 

「美術館の隣の動物園」のイ・ジョンヒャンによる作品で、出演者は少年役以外は全員素人。
舞台となった家も実際のおばあちゃんの家で行われました。

 

 

作品情報

作品名『おばあちゃんの家』
公開:2002年(韓)
監督:イ・ジョンヒャン
主演:キム・ウルブン、ユ・スンホ

 

 

あらすじ

サンウはソウルで母親と二人で暮らす7歳の少年。ある夏の日、母の失業により一時的に田舎の祖母の家に預けられます。
都会暮らしのサンウにとって田舎は退屈で、その不満を読み書きができずじゃべれない祖母にぶつけます。
それでもおばあちゃんは孫に対して叱らず、懸命に願いを叶えてあげようとするのですが・・

 

 

映画の感想

 

 

管理人は、昔心の温かいおじさまに問われたことがあります。

 

「『ご馳走』 って何故 『走る』 か知ってる?」と。

 

 

昔むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
客人がくるから、おもてなしする為に、おじいさんは川へ魚を釣りに
おばあさんは山まで、タケノコやら新鮮な食材を探しに出掛けます。

 

そうして、決して高価ではないけれど、おじいさんとおばあさんの
真心のこもったおもてなしの料理が振る舞われたそうです。

 

これがご馳走の 『走る』 語源だそうです。

 

 

料理に限らず、誰かの為に何かをしたいという気持ちも
それに通じるものがありますね。

 

 

 

さて、『おばあちゃんの家』

 

これは母親の事情で、山奥に住む一人暮らしのおばあちゃんの家へ
わんぱく盛りの息子が預けられ、その交流を描いた映画。

 

都会育ちの男の子は、最初田舎を嫌い、おばあちゃんを嫌います。
耳が聞こえない、田舎暮らしのおばあちゃんをバカにしてるんです。

 

はじめは、子供の無邪気な残酷さに少し嫌悪しましたが
やはり子供は素直なのか・・・
だんだんとおばあちゃんと打ち解け、都会に帰る前は
おばあちゃんに、一生懸命字を教えます。
「体が痛くなったり、寂しくなったら手紙出して」

 

誰の心にもあるような感情を刺激される作品でした。

 

男の子が打ち解けるきっかけになったのが、
映画のポスターにもなっているシーンですが・・
おばあちゃんが、孫に食べたい物を聞きます。
フライドチキンを食べたいと答え、おばあちゃんが鶏を捕まえます。

 

その時、『ご馳走』の話を思い出しました。

 

自分にひどい事を言う、生意気坊主。
でも初めて会うかわいい孫。

 

何をしても、あばあちゃんには、すべて許されてるんです。
山奥の子供や大人みんなから、この都会から来た失礼な男の子は許されている。

 

温かい気持ちになりました。

 

メイキングで、監督は語ります。
おばあちゃんが生きていた時と、亡くなった後では、映画のラストが違う。
生きている時には、こういうラストにはできなかったそう。

 

それはあまりに近い人間に、照れくさくて素直に「ありがとう」とは言えない
あの感じ。

 

見てよかったなと思える作品でした。

 

 

キャスト

おばあちゃん : キム・ウルブン
サンウ : ユ・スンホ
チョリ : ミン・ギョンフン
ヘヨン : イム・ウンギョン
母親 : トン・ヒョフィ

 

 

PR