B級マニア,映画レビュー

『ブエノスアイレス』(原題:春光乍洩、英題:Happy Together)1997年(香港)


※画像については、著作権の都合上 Amazonより引用しています。
(画像参照用に載せていますが、クリックすると外部サイトへ飛ぶので注意)

 

 

 

 

『ブエノスアイレス』(原題:春光乍洩、英題:Happy Together)1997年(香港)
ウォン・カーウァイ監督による、レスリー・チャン、トニー・レオン主演の
「同性愛」をテーマにした映画。
オファーを受けたトニー・レオンが同性愛者の役に難色を示した事で、
「亡き父の恋人をアルゼンチンに探しに行く息子の物語」に書き改めたものの、
現地では大幅にストーリーの変更がなされる。

 

第50回カンヌ国際映画祭コンペティション部門招待作品。そこでは監督賞を受賞。
また第17回香港電影金像奨主演男優賞をトニー・レオンが受賞している。

 

1999年制作の『ブエノスアイレス 摂氏零度』はメイキングを含んだドキュメンタリー映画である。

 

 

作品情報

作品名『ブエノスアイレス』(原題:春光乍洩、英題:Happy Together)
公開:1997年(香港)
監督:ウォン・カーウァイ
主演:レスリー・チャン、トニー・レオン

 

 

あらすじ

ゲイのカップル(レスリー・チャンとトニー・レオン)は、香港からちょうど地球の裏側にある
アルゼンチンへと旅しています。
「やり直す」目的の旅なのに、イグアスの滝で喧嘩別れしてしまいます。
旅費を稼ぐ為に、タンゴバーでドアマンとして働くトニー・レオンの店へレスリー・チャンが
客として白人男性と共に現れます。その後レスリー・チャンは何度もトニー・レオンに復縁を迫ります。
トニー・レオンは突き放すものの、愛人の嫉妬からケガを負わされたレスリー・チャンを
介護する事になります。そこでの生活に安らぎと幸せ、独占欲が渦巻きまた別れるのですが・・

 

 

映画の感想

 

 

香港映画にハマった時期がありました。「さらば、わが愛/覇王別姫」以来
レスリー・チャンの醸し出す色気に魅了されていました。

 

 

それまで観た香港映画は、日本の大映ドラマのような趣があったように思います。
アイドル俳優(女優)がメインで、ストーリーはよくある恋愛もの。
もちろんそんな作品ばかりではありませんが、好きな俳優(女優)のプロモーションビデオ
のような作品も多くありました。私のセレクトが悪かったせいかも知れませんね。

 

そんな中で、ウォン・カーウァイ監督は好きな作風でした。
「恋する惑星」「天使の涙」「花様年華」「2046」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」など
今も色褪せず、何度でも繰り返して鑑賞したい作品です。

 

 

 

さてこの「ブエノスアイレス」ですが、いきなり始まるベッドシーンには、、
予想してなかっただけに驚いてしまいました。

 

私はこの映画は、「同性愛」がテーマを言うよりは
レスリー・チャンとトニー・レオンの、アルゼンチンでの日々を通じ
「見る側のその時の感覚」で、何のジャンルにも属する
要素が詰まった作品だと思いました。

 

 

 

この映画を見た当時の私は、なかなか自分の中で消化しきれない感情がありました。
その気持ちを整理するために、映画やドラマの力を借りて、感情を発散させていたのですが、
この作品は、「行き場のない感情」を更に増大させ、
そのまま放ったらかしにされた気分になりました。

 

だからといって、嫌いではなく、むしろその後何度か繰り返して見ています。
妙に結論が出ないところが、「嘘のない」という印象があるからでしょうか。

 

 

 

これ見てると、幼い頃からの心の傷を刺激されます。
忘れていた物を思い出し、それでも「放ったらかし」なので
自分で解決していくしかない・・・

 

そこがいいのかもしれません。

 

 

 

それに、登場人物のセリフが印象的です。

 

ぼんやりしてる時、頭の中でつぶやきます。
「その時から、僕は人と比べるのを止めた」

 

こんなセリフは、自分の言葉じゃないなと気付き
誰だったかな?
と思ったら、この映画のものでした。

 

 

 

よっぽど影響されたんだなぁって、つくづく感じました。
上手く言えませんが、この映画は「感覚」で味わう作品です。
言葉にすると陳腐になるので、ただ何も考えずに見るのが一番だと思います。

 

 

 

1997年の作品ですから、当然出演者の皆が若いです、
レスリー・チャンは、夭折され残念ですが、トニー・レオンは
年々カッコよくなって行かれて本当に素敵です。
2000年前後の作品ばかり見ていたので、「傷つきやすい若者」の印象しかなかったのですが、
2007年に「ラスト・コーション」を見に行った時は、オールバックの髪形に大人の魅力に溢れていました。
映画の内容も相まってちょっとショックが大きかったです。

 

 

キャスト

ウィン : レスリー・チャン
ファイ : トニー・レオン
チャン : チャン・チェン
グレゴリー・デイトン
スー・ピンラン

 

 

 

 

香港映画、ウォン・カーウァイ監督にハマった時
こんな作品も観てみました。

 

    

 

 

 

 

PR